ジェルキング やり方 効果

MENU

ジェルキング法|チントレってどうやってするの

 

ペニス増大のためのチントレの1つ、「ジェルキング法」ってどうやってやるのか、こちらで解説していきます。

 

 

ジェルキング法とは「jerk-ing」、「jerk」が急に引っ張るという意味で、ペニスを引っ張って長くするトレーニングです。

 

 

ひと工夫加えることによって、亀頭増大も併せてできますので、ペニスを長くしたいだけでなく、亀頭も併せて大きくしたいという人にもオススメできる増大法になります。

 

 

ジェルキング法実施の手順

準備@ ローションを用意

 

指をペニス上で滑らせますので、ある程度滑りやすくするためにローションを用意します。(チントレ用のローションについてはコチラ

準備A 半勃起状態にする

 

ペニスを半勃起状態にします。

 

(半勃起にすることでペニスが勃起準備に入るため、柔軟性をもって伸ばしやすくします)

準備B ローションを塗る

 

ペニス全体、もしくは両手の親指と人差し指に厚めにローションを塗ります。

手順@ 親指と人差し指で円を作り、ペニスの根元へ

 

片方の手の親指をペニスの上側、人差し指をペニスの下側に回し、円を作るようにしてペニスを親指と人差し指で包み込み、ペニスの根元(腹の付け根)にあてがいます。

 

(中指、薬指、小指が伸びきって、手のひらが股間側を向いているイメージです)

手順A 指で作った円を締め付けながら亀頭側にスライド

 

親指と人差し指でペニスを若干締め付けながらペニスを前方に引っ張るように手を亀頭側にスライドさせます。亀頭まで手を持って行ったら手を離します。

手順B 反対の手でも

 

反対側の手で手順@、Aを実施します。

 

 

 

 

手順@〜Bを50回、3分間の休憩を入れながら1日10セット実施することで次第にペニスが長く、亀頭が大きくなっていきます。

 

(どのくらい長くしたいかや、上記のマッサージの頻度と強度にもよりますが、当初の慣らす期間を除いて、2ヶ月で1センチを目安にマッサージをしていくことを想定してください。)

 

手順@〜Bの過程で、ペニスの竿部分にある血液を亀頭側に押し出すつもりでペニスを締め付けスライドさせ、亀頭の雁首の根元で5秒〜10秒止める、という動作を付け加えることで、ペニスを長くするだけでなく、亀頭の増大も達成することができるようになります。

 

ジェルキング法 動画

 

ジェルキング法について解説している動画がありますので、ご覧になるとよりわかりやすいかと思います。

 

 

 

 

ジェルキング法のメリット

 

ジェルキングは、ペニスの形状的な悩みを持つ方に有効です。

 

ペニスが短い、亀頭が小さい、ペニスが曲がっている、これらの悩みを持っている人がいましたら、まずジェルキング法を試してみるのがよいでしょう。

 

 

ジェルキング法のデメリット

  1. ペニスを太くしたいという人には不向き。
  2.  

  3. 力の入れ加減が分からず、亀頭に血液の瘤(血豆のようなもの)ができることも。
 

亀頭だけをとにかく大きくしたい方にはミルキング法、ペニスを太く大きくしたいと考えている人には様々な方法を組み合わせたプロが伝授するペニス増大法をオススメします。

 

 

 

関連ページ

ミルキング法のやり方解説へ

 

組み合わせチントレ法(チントレTOPへ)

 

チントレすると勃起力が弱まる?|恥ずかしくて聞けないペニスの悩み

 

日本人のペニスの長さの平均値|女性が求める理想のペニスは?

 

ペニス増大サプリの選び方 TOPページへ