ペニス増大 フィラー剤

MENU

フィラー剤の種類とその特徴

 

増大手術で使われるフィラー剤と、それらの特徴を解説していきます。

 

ヒアルロン酸

 

zodai

フィラー剤のスタンダードなものがヒアルロン酸で、昔も今も使われています。

 

安全性が高いために多くのクリニックで使用されているものです。医療のみならず、食品、美容といった様々な分野でヒアルロン酸は活躍しています。

 

ヒアルロン酸は人間の皮膚や関節部分に元々あるものなので、注入したからといって体に何らかの危険が生じることはありません。

 

デメリットは増大効果が半年程度しかないということです。その為に定期的に注入する必要がありますが、安全性でいうと体内に残らないというのはプラスになりもなります。

 

定期的な注入は必要ですが1回の費用は比較的低価格というのも特徴です。

 

 

コラーゲン

 

zodai

コラーゲンは、シワ取り治療など美容外科で長くにわたって使用されている注入液です。

 

コラーゲンは皮膚、骨、臓器を形成するたんぱく質の一種で、体に入ると半年〜1年ほどで吸収されていきます。ヒアルロン酸同様元々体にあるものなのでなじみやすい、そして弾力があるのも特徴です。

 

しかし、増大効果は長くは続かないので、定期的に注入をおこなう必要がでてきますが、日本の医療で10年以上使われているものなので、安全性高く安心感のあるものです。

 

また、コラーゲンの吸収する時に線維組織が置き換わることで、ペニスのボリュームは多少維持されます。

 

 

脂肪

 

zodai

自分自身の余分なお腹や太ももの脂肪を取り、ペニスに注入していく方法です。

 

自分の脂肪なので拒絶反応やアレルギーも起こりませんし、注入した脂肪の5割は定着します。また感触も自然な仕上がりとなります。

 

しかし、これには高い技術が用いられるので、まだ実施しているクリニックは限られています。また、脂肪摂取には痛みも伴い、時間、費用もかかるために覚悟がいります。

 

 

アクアミド

 

zodai

ヒアルロン酸やコラーゲンとは違い5〜6年継続できるため、経済的です。

 

アクアミドとはソフトコンタクトレンズにも使われているポリアクアマイド2.5%と水97.5%で作られた体に害のないゲルです。

 

ヨーロッパ主要国では許可済みの物質、日本国内でも5年ほどの臨床実績があり安全性もあります。

 

アクアミドは吸収されにくい成分で、一部分は半永久的に残るので費用対効果は高いですが、柔らかいために注入場所によっては効果が出にくい可能性もあります。

 

 

バイオアルカミド

 

zodai

バイオアルカミドは96%の水と4%のソフトコンタクトレンズの原料と類似のアミドイミドアルキル型高分子ポリマー体でできています。

 

バイオアルカミドはアクアミドやヒアルロン酸よりも少し硬いのが特徴です。そのために注入した場所の形が変わらずにしっかりと維持できるのです。

 

注入すると薄いコラーゲンの膜につつまれ、体内で吸収されにくくなるために半永久的な効果を期待できます。

 

またバイオアルカミドは、EUの安全基準を満たした成分で多くの国で使用されていて安全性も問題はありません。

 

 

スーパーヒアルロン酸

 

zodai

美容整形においてバストアップや傷跡などに使われるものです。

 

ヒアルロン酸よりも吸収されにくく2年ほど効果は続きます。またヒアルロン酸と比べると、粒子が大きいためにしっかりとその場に残りボリュームアップさせてくれます。

 

また、スーパーヒアルロン酸はやわらかすぎないので形を整えることも可能です。

 

 

レディエッセ

 

zodai

プチ整形、歯科、耳鼻科によく使われている成分で、歯や骨の主成分ハイロドキシアパタイトが原料です。

 

レディエッセは硬さがあり、少ない注入でも効果を発揮できるのが特徴です。

 

レディエッセは人間の体内にあるものと同じ成分で作られているので、安全性は高くアレルギーをおこす心配がありません。レディエッセの効果は2年ほどです。

 

 

 

亀頭増大手術の費用と口コミ体験談に戻る

 

トップページへ戻る