肥満 ペニスサイズ

MENU

肥満とペニスサイズの関係|デブの短小ペニスは宿命か?

 

zodai

 

肥満の人で“自分のおちんちんのサイズが小さい”と感じている人は多いのではないでしょうか?

 

 

実は、肥満とおちんちんの大きさには大きな関係があるのです。

 

 

肥満の方が一概にペニスが小さいといっても、2つの意味があります。

 

  1. 体型がペニスを隠している
  2.  

  3. ペニスが成長していない・退化している

 

 
体型がペニスを隠している

 

 

ペニスは実は全長の一部が体内にもともと隠れています。

 

痩せている人の場合、一般的にはその3分の1が体内に入っているといわれています。

 

一方で肥満の方は、お腹が脂肪で前に出ることで、ペニスの根元部分も大なり小なり覆い隠されることによって、短く小さく感じられてしまいます。

 

解決策

 

体型がペニスを隠している場合の解決策として、2通りの方法があります。

 

解決策@とにかく痩せる

 

とにかく痩せることで、ペニスが埋もれている部分が露出するようになり、長くなったように見えます。

 

解決策A手術を受ける

 

見えているペニスが短い場合には、長茎手術を受けることでペニスを引っ張り出し、平常時に見えるペニスを長くすることができます。

 

長茎手術といっても、『出っ張っているお腹の脂肪を削り取る手術』がかつては一般的だったのですが、最近は技術水準の高い医師しかできない『切らない長茎手術』というものもあるので、そちらの手術を受ける人が増えてきています。

 

 

 

 
 
ペニスが成長していない・退化している

 

 

肥満の方のペニスが成長していない、もしくは退化する理由として、「ペニスの血流が悪化している」ということが挙げられます。

 

ペニスが大きくなるのは、勃起を繰り返すことにより、海綿体内に、成長ホルモンなり、各種栄養素なりが送り届けられるからなのですが、

 

ペニスの血流が悪化することにより、それらが送り届けられなくなると、成長がストップするのではなく、ペニスの退化が始まってしまいます。

 

50代、60代の人に良く見受けられるのですが、めっきり勃起しなくなることで、ペニスがサイズダウンしてしまうのです。

 

なぜペニスの血流が悪化するのか

 

なぜペニスの血流が悪化するのかというと、全身の血管の中でペニスの血管が一番細いために、血管内のコレステロールの蓄積により、いち早く欠陥が目詰まりを起こし、ペニスの血管の末端にまで血液が行き届かなくなってしまうからです。

 

解決策

 

ペニスが成長していない・退化している状況においては、当然痩せることが最優先なのですが、それと同時並行で、ペニスの海綿体内の血管をきれいにしたうえで、ペニスへの血流を強くし、ペニスを内側から外側へ押し広げていく必要があります。

 

そのためにはサプリメントを飲むことが最適です。

 

当サイトのTOPページでオススメしているシトルリンDXに配合されているシトルリンが、血流を改善し勃起力を向上させたのちに、ペニスを増大させてくれるのによい働きかけをしてくれます。

 

 

 

そのうえで必要であれば、ペニス増大器具などを利用して、より強い増大効果を求めるのがよいでしょう。